スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

St. Valentine's Day

朝、コーヒーの香りで目覚める。
ベッドサイドにはブレックファスト。
いやぁ~ん、J くん、今日は St. Valentine's Day なのね~♪
アロマの香りに包まれながら Breakfast in Bed。
その間に、J は仕事へと出かけていきました。

 リビングに行くと、私のテーブルの上に、バラの花束とカードと、ベルギーチョコが。
ニクイね~J!何も言わなかったじゃないの。びっくりだわよ。
しかも花束は朝一番で買ってきたらしい。

今年は 2 泊 3 日でイングランドの方にいく予定だったのですが、急遽取りやめました。
なんか、ほんとに行きたいか?というとそうでもなかったっていう(笑)
booking しなきゃだめでしょっていう 1 週間前になっても、二人とも何も行動せず。
で、4 日くらい前になって「あれさ、忘れることにしない?」と二人同時に切り出した^^;

 その後私は一人で代替地を探す旅に(笑)
アムス、パリ、ヴェニス、ダブリン、ニュージャージー…
ん~、なんかいまいちだ。ロンドンって手もあったんだけど、ロンドンなら日帰りねと J に言われてて、でもせっかくロンドンに行くなら行きたいところいっぱいあるので、日帰りはもったいない。
ネットサーフィンで旅をしまくりました…w

 ってことで、本日は近所の TigerTiger でディナーを。
昨年の 6 月 29 日のロンドンの自動車爆弾テロ騒ぎの報道映像で誰もが目にした TigerTiger
めっちゃフツーにチェーン店ですが、ここのコースメニューをまだ食べたことが無かったので、行ってみたのです。バレンタインのコースメニューもありましたー。

 なぜか、毎年毎年、私以上に盛り上がる J くんの Valentine's Day。
必ず休みを取り、カード、花束、ギフト、ディナーを基本に、他、何かを企画しています。
そもそも、私は今まで Valentine's Day に J に何かをあげたりしたことは、去年カードをあげただけで、それ以外無し。かわいそうな J(笑)

 St. Valentine's Day のイベント定義はいろいろな解釈がありますが、我が家は J の解釈を適用。
男性から女性へ。のみ。
男性と女性が両方向で贈る、もしくは女性から男性へ贈るという解釈ももちろんありますが、こないだのイギリス国内のサーベイではやはり男性から女性のみ、これが一番パーセンテージが高かったですね。ちなみに女性から男性へのみはすごーく僅かでした。

 おかげで、すっかり怠けてる女性の私。ま、人それぞれってことで許してください(笑)

theme : ウェールズ
genre : 海外情報

comment

Secret

PROFILE

maki

Author:maki
英国はウェールズに移住した主婦。地方都市(適度な都会/適度な田舎)なCardiffの生活が心地良い。


RECENT ENTRIES
CATEGORIES
COMMENTS
最新トラックバック
最近の記事+コメント
LINK
VISITOR
RSS FEED
現在のOnline Vistor:





Edit
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。