スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

尊敬

尊敬 "respect" という言葉はいくつかの意味合いがありますよね。
謹みをもっての尊敬、尊い敬うその字の如く。そしてもう少しラフに使うことも多々あります。
「○○ちゃんて△△なんだよね~。私、尊敬しちゃうよ~」みたいな使い方。爪垢みたいな感覚かな。

 今日書くのは前述のかしこまった尊敬の方です。
知り合いの D さん。年は私の母と同じ。生まれも育ちもウェールズ(ブリジェンド)。大学でイングランドに出て、英国の企業に勤めました。結婚してすぐにドイツに転勤になりました。
 仕事は英語でやるので問題ないけれどドイツ語も覚えた方が良いなと思って、勉強して流暢に。

 ドイツの家のお隣さんは日本人家族だったそうです。こちらの家庭も転勤で日本からドイツに来た純粋日本人家庭。夫婦と2人のお子さんがいました。
 D さんはこの家族と接したことが、初めての日本人との接触でした。仕事上や行きがかり上の日本人は過去にいたけど、じっくり話をして生活を見てという近さは初めてだったそうです。
 この日本人のご家庭を見て、以前から聞いていた「日本人は礼儀正しい」という話が正しいと身をもってわかったと言います。
 日本人のご夫婦はとても感じの良い方々なのはもちろんのこと、お子さんたちを見てすごくビックリしたそうです。「子供なのになんて行儀がいいんだ。」「子供なのに礼儀正しい。」
 D さんの辞書には子供の印象と言ったらもちろんイギリス人の子供のそれという側面しかないのでした。この国の子供はクラスにもよるけれどたいていがヤンチャ坊主などといったかわいいものではないと言いました。
 お隣の日本人の子供たちを見て D さんは感激したそうです。それを日本人の私に話してくれました。私は彼らを誇りに思いました。日本を誇りに思いました。逢ったこともないその日本人のご家族をとても誇りに思うと同時に、感謝してました。

 おそらくそのご家族は普通に暮らしていただけなんだと思います。日常の、何気ない振る舞いが、海を飛び越えて、国境・人種を越えて、そしてまた同じ日本人に語り継がれていく等とは思ってもいなかったに違いないでしょう。

 果たして私はできてるだろうか。否。

 実際に触れていない人たちにここまで尊敬の念を、素直に感じたのは人生で初めてでした。
仕事ができる人、語学ができる人、成績が良い人、高収入の人、有名な人、尊敬されそうな人はいろいろいますが、そんなのはまったく関係ないんだと思った瞬間でもありました。なぜなら私はそのご家族それぞれの年齢とか、仕事とか、聞いてないのです。もしかしたら優秀な人なのかもしれません、もしかしたらご本人たちはごく普通の家庭よと言うのかもしれません。
以前、何かのコミュニティーで「海外生活者は日本と言う国の代表者であれ」ということに賛否両論があったのを思い出します。
「私は日本の代表で居る気持ちで気を抜かずに生活しています」と言った海外生活者に対し、日本に居る人たちは「日本の国の代表みたいな面しやがるな、何様?」と。
「別に自分は自分のままで暮らしています」という海外生活者には、「日本人として恥ずかしくないような言動を心がけてください。愛国心を持って!」と日本在住者が…。

結論はでてませんでした。でもあっちを立てればこっちが立たず。難しい問題ですね~。両方を上手に組み入れられれば最高なんですけどね^^; 私の尊敬した名無しの権兵衛家族さんはきっとその両方を持ち合わせていたのかもしれません。

theme : ウェールズ
genre : 海外情報

comment

Secret

すっごくわかるよー
ほんっと、子供のしつけの違い。
日本って素晴らしいって心のそこから思う。
そしてそれに気がついたその英国女性も素晴らしいし、
そう思わせた日本家族もまた素晴らしい。
で、そこに感謝できる君もまた素晴らしい。

私も子供が出来たら日本式でやるって心に決めてる。
でも、ワシの人間性は日本の恥かもしれn(たすけtw

>ロキ

やっぱり?そうだよね?
なんでこちらの子供はこんなに元気がよろしいのかしら(←皮肉)って思うと、やっぱり親なんだよね~。親のしつけが上手くなされている家庭は同じイギリス人でもやっぱり子供もきちんとしてるもの。
こちらにいる日本人もそういう意味でイギリス化しちゃってる人を見ると、なんか複雑。
私たちみたいな旦那=英国人、妻=日本人の場合、日本人である私たちが頑張らないとだめなんだよね。しかもかなり。
ロキえらい!たぶん大変だと思うけど、母親次第だから、絶対だいじょぶ、ロキなら。
チミの人間性?そんなの知らんわー(爆)うわはははははははは☆
これだけは言える。ちゃんと物事を考えることのできる人だから、だいじょうぶ。
あとはアレだよね、”同じ考え方を持った”同士(友達)がいれば鬼に金棒さ。その点でもロキたんは問題なさそうじゃん!ステキなお友達が回りにいっぱいいるし♪

ご無沙汰です!

ふむふむと読ませてもらいました。。。

本当に身にしみる話です。しつけ、これもキリのない話で。。。ワタシは、厳しくしつけてるつもりです!(笑)
みょんきちは良しとして(手がかからない、のんびりした子供だったし、今も昔も)したのちびっこ怪獣みつきんぐは・・・・・(汗)
コイツだけは、どんなに怒って何度いっても聞かない。わめく、暴れる。。。
何度、どこかに捨ててやろうかと思ったことか・・・

子供は何度も同じことを言って注意して怒らないと直らないんだって。何かの本にかいてたよ。
おまけに”子供は楽しいことに向かって生きてる生き物”なんだって(爆)
まさにそうだわ・・・

長々失礼!
こうやって嵐のような日々が過ぎてます。

>michiちゃん

そういうことがわかってる親ってのが大事なんだと思います。そう思える・考えることができるってことだけでmichiちゃんはすばらしい親なんだということがわかります、私にも。
当たり前のようで当たり前でなくなった世の中ですから特にね。
きっと怪獣みつきんぐも昨日より今日、今日より明日で確実に親の意図を感じ取って成長してるんだよね。
諦めないで同じことを言い続ける、ってすごく難しいことなのかもしれない。親が諦めたら子供はその方向を知らずに、機会を与えられずに成長しちゃうから。
"子供は楽しいことに向かって生きている生物"
それはとても大切なことで、逆にそれができない子供はかわいそう。だからこそ、親が軌道修正をしてあげるっていうんが躾だったりするのかなぁ。
親も子供と一緒に成長するっていうしね♪
頑張れ、怪獣みつきんぐ!そしてmichiちゃん☆
PROFILE

maki

Author:maki
英国はウェールズに移住した主婦。地方都市(適度な都会/適度な田舎)なCardiffの生活が心地良い。


RECENT ENTRIES
CATEGORIES
COMMENTS
最新トラックバック
最近の記事+コメント
LINK
VISITOR
RSS FEED
現在のOnline Vistor:





Edit
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。