スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トルコ旅行

私 & Jay、そして兄夫婦と Turkey に行ってきました。
兄夫婦が Turkey にかなり行っていて、とってもイイから一緒に行こうと誘われたのがキッカケでした。
私にとっては初めての Turkey。行こうと言われなかったら destination の候補にも挙がらなかったであろう地。その割には、兄夫婦はもとより義両親、そしてそういえば私にはトルコ人の友達がいるんだった(笑)クルド人の友達もいて、何かしら耳馴染みであったりもしてたんですけど。

 Icmeler / Marmaris の観光シーズンは 7 月・8 月がピーク、10 月いっぱいで終わります。私たちは end of season に行きました。ピークシーズンは人が多すぎてイヤって理由でした。
 カーディフを発つ 2 日前にトルコ人の友達 G に「ところで明後日からトルコに行ってくるよー。」と報告しました。彼女は Marmaris 出身だとは知っていたのですが、私がトルコのどこに行くのか知らなかったので、それを確認するのと、ホテル名を聞かれたのでそれの回答を持って次の日(出発の前日)にタウンでお茶をしました。ホテル名を伝えると、なんと、そのホテルに G のお姉さん N が PR として勤めているっていうじゃありませんか。こんな偶然って!It's a small world! で、N が私たちのホリデーをサポートしてくれるというのです。お勧めレストラン・バー、ショッピングなど。

 G から「marmaris は今の季節が一番良い季節なんだよ。夏のピーク時は暑すぎて気温 50 度超えるから。9 月の末から 10 月が一番良い!」って聞きました。私たちはそんなこと知らずに book してたので、それを聞いてちょっとラッキーな気分(笑)それを Jay に報告したら、ちょうどその日に会社の同僚から聞いた話しで、彼らは 9 月の 10 日前後に行って、52 度だったって聞いたと。英国にこなかった夏を求めて行ったわけだけど、熱すぎて、外に出ることが出来ずに、ホテルにいっぱなしだったらしい…。

 G は 1 年トルコに帰っていないので、私がメッセンジャーをすることになりました^^
G はトルコのトップアパレルメーカーのモデルだったんです。身長 180 cm、脚長すぎwww スタイル良すぎ。そして美人。(私の持っていたトルコ人女性のイメージからするとかけ離れて美人なんだわ) イタリア人の旦那との結婚を機にモデルをあっさり辞めちゃった。理由は旦那とイタリアに渡るから。きっとすごい決断だったんだろうけど、カッコイイなー。


□■□ 土地柄 □■□
 目指すは (European にとって) トルコ No.1 ビーチリゾート、Marmaris(マーマリス)。の隣の Icmeler (イシュメラ)。Aegean sea (エーゲ海)と Mediterranean Sea (地中海)を堪能できる土地柄。Mermaris からは船で Greece (ギリシャ)へ渡れます。

 Turkey の首都は Ankara (アンカラ)。最大の都市である Istanbul までは車で19 時間かかるそうです。そんな大都市とはまったく見える景色の違うリゾート地の Icmeler でした。

 Cardiff 空港から直行で 4 時間。時差は +2 時間。安くて近くてジェットラグも気にならない、そして英国にない夏が長い国(笑) 英国人に人気な理由が詰まっていて納得。トルコにホリデーに来るのは ドイツ人も多いのですが、ここ Mermeris/Icmeler は英国人のほうが格段に多いんだそうです。

□■□ 人々 □■□
 トルコ人の友達と接していても分かるのですが、とっても人柄が良く、フレンドリーです。そして hard-working ですね。友達(または例え他人でも)をハッピーにするために一生懸命考えてくれる精神が素敵です。
 トルコ人とクルド人、トルコ人とギリシャ人は仲が悪いそうです。前者は理由を聞かなくても良く分かりますが、ギリシャともなんですね。トルコの警官でナショナルセキュリティーの職についていた人にその背景をいろいろと聞かせてもらいました。

□■□ ショッピング □■□
 トルコはご存知のとおり、フェイク天国です。ジョークで「トルコはすべてがフェイクの国だ(爆)」なんて言ってるトルコ人、そして英国人。メインのスト リップを歩けば、ブランド T シャツ、フットボールシャツ、ブランド靴、バッグなどもちろんフェイク品だけが売られてます。T シャツ 5 枚で 10 リラ(£3.85/¥680)とかナイキのシューズが 20 リラだとか。

□■□ 食べ物・お酒 □■□
 レストランは様々、トルコ料理はもちろん、英国人が多く来ることからどこのレストランでも English Breakfast がメニューにあり、見たところ一番安くて £1(一番多いのは 5 リラでした)。その他中国料理、インド料理、イタリアン、韓国料理など、どこの国の料理もいただけます。そしてこれがまたおいしいんです。残念ながら日本 食は 1 つも見ませんでした^^;カレンシーが混在していることから分かるように、トルコリラはもちろんイングリッシュマニーも使えます、どの店でも。やはり外貨 はありがたいのでしょう、£で払うほうが喜ばれる感じでした。
 夜はやっぱり FUN PUBが目を引きました。大概が音楽を大音量で掛けて飲んで踊ってなパブ。私の趣味には合わないので一度も行きませんでしたけど^^; その代わりに星の 数ほどあるバーで飲み明かす(笑)ビールはソフトドリンクより安いですから、これも英国人にとっては魅力なんでしょうね。
 ローカルなお酒として Raki はブランデーに近い感じかな。バーで出してくれるホームメイドのものだとアルコール度数が 60% でした。それをストレートでスコンと飲む。喉元が熱く、通っていく間にめちゃめちゃテイストを感じる。ハマりそうなお酒でした。ロックやジュースで割った りもアリなので、ぜひお試しアレ。

□■□ 客引き □■□
 どこのお店もレストランもバーも、そして day out tour のデスクに至っても、客引き競争が激しいったらありゃしない。「Yes please!」「Thank you please!」と客を呼び止める、これがウケた。彼らにとってはこれが「いらっしゃい!いらっしゃいっ!」の掛け声のようです。
 トルコは国語はトルコ語ですが、国民柄、外国語を学ぼうとする意識が高いそうです(観光地の人々は特に)。英語とドイツ語は普通、ウェールズ語だって私 より知ってます…(私ちょっと恥ずかしい…) 「Where are you from?」と聞かれ「Wales」と答えると「iechyd da!(ヤキダー!:英語で言う"Cheers"/日本語の"乾杯")」や「Shwmae?(シュマイ:How are you?)」「Bore da!(ボレダー:Good morning)」など様々な挨拶が時間を問わずに返ってきます(笑)
 とにかく鬱陶しいと感じるくらいすごいです、客引き。これを観光地名物だと思えば楽しめるけど、ダメな場合はなるだけ、店が並ぶ通りをを避けて歩く(←ほぼ無理w)のが良かろうかと^^;

□■□ ホテル・アパートメント □■□
 トルコに、lazy holiday に行くなら Self Cateringで!
トルコ料理その品数も様々で、シーフードからお肉、野菜と何を食べてもおいしい!そして日本人の口に合います。たとえばこれがギリシャ料理だと、味が濃すぎて「もういらない…」イベントが起こりますが(笑)
All inclusive の方が確かに安いです。しかーし、物価も安いことですし、All inclusive よりはお金は掛かりますがぜひ町の味を楽しんでほしいところです。
 メインストリップ沿いのアコモはめちゃくちゃうるさい!
バーやレストランはお客さんが帰るまで店を開けていてくれますので、1 時くらいまでは余裕でうるさいです。便利を取るか過ごしやすさを取るかってところですね。

□■□ トランスポーテーション □■□
小さな町ですので、徒歩で十分。もしくは公共のバスが頻繁に、そして行き先はアコモ名を告げれば行ってくれますので、簡単。Icmeler - Marmaris 間は 2 リラ(約 20 分)。Icmeler のメインストリップ(Kenan Evren Blv)からマウンテンサイドのアコモまでは 1 リラ。
Icmeler - Marmaris はWater Taxi もあり 7 リラ(40 分)。
Dalaman 空港から Marmaris / Icmeler まではコーチを利用し 1.5 ~ 2 時間。
Icmeler 内は問題ないですが Icmeler - Marmaris や Icmeler/Marmaris- Dalaman のタクシー利用は気をつけて。涼しい顔してボッタクリな値段をふかっけてきますので、乗る前に値段を確認。

theme : ウェールズ
genre : 海外情報

comment

Secret

PROFILE

maki

Author:maki
英国はウェールズに移住した主婦。地方都市(適度な都会/適度な田舎)なCardiffの生活が心地良い。


RECENT ENTRIES
CATEGORIES
COMMENTS
最新トラックバック
最近の記事+コメント
LINK
VISITOR
RSS FEED
現在のOnline Vistor:





Edit
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。