スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黄色い指

ショッピングに出ていた時のこと。
キャッシュポイントを利用して、お金を取ろうとしたその瞬間に気づいた。
視界に入った私の右手の中指が、中指だけが、根元から黄色い。
まさに血の気がない黄色さ。黄疸の黄色さ。
きつくぎゅっと血管を押さえたのとは違う色だ。それなら赤紫っぽい色になるべ?
キョドりながらも、恐る恐る動かしてみる。動く!けど鈍い。
触った感触は、冷たい。

一気に怖くなった。なんなのコレ!!!
でも買い物をここで切り上げるわけにも行かないので、ミトンの手袋の中で屈伸運動。
鈍いけどちゃんと思ったとおりに動くん。
手袋をはずして見ても、まだ気色悪い黄色の指。
商品を見ながら必死にマッサージ。
指は冷たいし、よく分からないことで心配だし…。

 きっとマッサージの甲斐があってだと思う、家に帰る頃には普通に戻ってた。

でもいったい、アレは何だったのでしょう。
特別に打ったとか、曲げたとか、まったくないんです。
まーさーにー、突然。だったんですよねー。
クリスマスが近いから、タウンはファンフェアーが出てたり、ストリートミュージシャンもたくさん。
で、そのストリートミュージシャンたち、多すぎ!
ぶっちゃけ、音が混ざり混ざってただの騒音。
何で買って、演奏する人多すぎて近い近い!
ウェルシュハープの隣にバンド、そして「コンドルは飛んでゆく」はなんて楽器だっけか?その隣にはアコーディオン(ソロ)。そして拡声器を使ったジーザスファンクラブの街頭演説(勧誘?啓蒙?)

君たち、みんなまとめて、意味なし!!!

theme : ウェールズ
genre : 海外情報

comment

Secret

PROFILE

maki

Author:maki
英国はウェールズに移住した主婦。地方都市(適度な都会/適度な田舎)なCardiffの生活が心地良い。


RECENT ENTRIES
CATEGORIES
COMMENTS
最新トラックバック
最近の記事+コメント
LINK
VISITOR
RSS FEED
現在のOnline Vistor:





Edit
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。