スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Queen Elizabeth 80歳の Birthday

 4月21日、これがエリザベス女王の本当のお誕生日です。
というのも、エリザベス女王には2回誕生日があるのです・・・


 詳しい説明は、引用をお読みくださいませ
↑ハイ、確かに手抜きしちゃいました(笑)


 


 TV の News はしきりにこのことばかり。
ウィンザー城から中継してました。


 女王が windsor 城に入るかなり手前より民衆の前に出てプレゼントを貰ったりしてます。
あ、もちろん握手はナシです。警備上の都合です。
(女王の疲労を考えてというのは表向きの理由ですが、ダレもがわかってることなので・笑)
アメリカの同時多発テロ以降、かなり警護が厳しく女王がこんなにも( 1 時間に及んだ)みなの前にいるのはレアだそうです。


ほぉ~。


わかったからレポーターさんよ、そんなに興奮なさらなくても(笑)


 女王は実際には4月21日に生まれましたが、夏のある1日に君主の誕生日を祝うのが長い慣習になっています。1805年以来、君主の「公式の」誕生日は、通常6月の第二土曜日に行われる「軍旗敬礼式」で祝福されてきました。

 こ れは、兵士たちが連隊旗を認識し、連隊旗のもとで戦えるようにすることが不可欠だった時代に始まった儀式です。毎年、5つの近衛歩兵連隊(近衛歩兵第一連 隊、コールドストリーム近衛連隊、スコットランド、アイルランドおよびウェールズ近衛連隊)の1つが交代でこの敬礼式に連隊旗を掲揚します。

 軍旗敬礼式は、女王が騎馬儀仗隊にエスコートされてバッキンガム宮殿を出るところから始まります。女王は馬車に乗ってセントジェームズ公園の木陰の多い散歩道から英国陸軍総司令部閲兵場へと下り、500人の近衛兵を閲兵します。

 軍旗は近衛兵の列に沿ってゆっくり行進して運ばれ、それから軍旗を運ぶ一団が近衛兵を率いて女王の前を行進し、近衛歩兵連隊のマス・バンドが随行します。

 女王の実際の誕生日には特別の年次式典は行われませんが、公共ビルには国旗が掲揚され、国家が歌われます。


comment

Secret

PROFILE

maki

Author:maki
英国はウェールズに移住した主婦。地方都市(適度な都会/適度な田舎)なCardiffの生活が心地良い。


RECENT ENTRIES
CATEGORIES
COMMENTS
最新トラックバック
最近の記事+コメント
LINK
VISITOR
RSS FEED
現在のOnline Vistor:





Edit
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。