スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

餃子 (皮も手作りしちゃおう!)

■ 餃子(皮も手作り)
餃子完成画 Ingredients (24ヶ)
Filling
・White cabbage

250g

・Leek 1/2本
・Mince meat 250g
・Ginger 適量
・Garlic 適量
・Salt & Pepper 少々
餃子の皮
・Strong flour 100g
・Flour 100g
・Salt 5g
・Hot water 140g
・Potato starch
 (打ち粉用)
適量
Method
Step 1.
餃子の皮を作ります
強力粉と薄力粉を 1 : 1 で合わせていますが、水餃子にする場合は強力粉の割合を増やしてください。
最大 9 : 1 までイケます^^

強力粉と薄力粉をよく振るいます
Step 2.
Step 1に塩を加えてよく混ぜ合わせます
Step 3.
熱湯を 2 - 3 回に分けて加えていきます。
熱いので木ベラの使用をオススメします
Step 4.
捏ねて、綺麗に混ざったら半分に分け、各 15 cm くらいの棒状にします
ラップに包んで冷蔵庫で最低 30 分以上寝かします
(上限はありません。寝かしすぎはないので、最低ラインだけ守ってください)
Step 5.
その間に Filling を作ります
野菜を扱いやすくするために、少しゆでます。
目的はちょっとやわらかくするということなので、時間は適当でかまいません
Step 6.
(下茹でした場合は水分を絞って)野菜、しょうが、にんにくはすべてみじん切りにします
Step 7.
ボールにすべてを入れ、ひき肉、塩・こしょうを合わせます
( filling にまとまりが欲しい場合は片栗粉を少々加えてください)
Step 8.
さて、皮が寝かし終わったら 1 本につき 12 等分に切ります
(目分量でかまいません)
1 つ 1 つが1枚1枚になります
Step 9.
餃子の皮これを片栗粉で打ち粉をした台の上で伸ばしていきます
標準は直径 10 cm 程度ですが、適当でかまいません
(水餃子の場合は皮に厚みを持たせたいので、直径は小さくしたほうが良いです)
片栗粉を満遍なく使ってくっつかないように重ねていきましょう
Step 10.
この皮に Fillig を包んで焼けば焼き餃子。茹でれば水餃子のできあがり

 今回は焼き餃子ベースの recipe ですので、以後、タレなどを含めて水餃子特集もやりたいと思います。

 ちなみに、私はキャベツとリークをみじん切りにした状態で、量の多さに気づいてしまい、結局皮をもう 1 度作り増しをして 48 個の餃子を作りました(爆)

 recipe 記載の量は妥当な量なのでご安心を(笑)

 余った餃子は冷凍しておきましょう!
あとは焼くだけ(茹でるだけ)で餃子が食べられます^^

comment

Secret

PROFILE

maki

Author:maki
英国はウェールズに移住した主婦。地方都市(適度な都会/適度な田舎)なCardiffの生活が心地良い。


RECENT ENTRIES
CATEGORIES
COMMENTS
最新トラックバック
最近の記事+コメント
LINK
VISITOR
RSS FEED
現在のOnline Vistor:





Edit
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。