スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CHOCOLATE FUDGE BROWNIES

■ CHOCOLATE FUDGE BROWNIES
browniesbrownies

Ingredients
 (15ヶ / 15 x 25.5 cm tin)

・ダークチョコレート

50g

・バター 110g
・卵 L 2ヶ
・グラニュー糖 225g
・薄力粉 50g
・ベーキングパウダー 1 tbsp
・塩 1/4 tbsp
・ナッツ 110g
■Topping
・グラニュー糖 75g
・エバミルク 75ml
・ダークチョコレート 110g
・バター 40g
・バニラエッセンス 2 drops
Method
Step 1.
 砕いたチョコレートとバターをボールに入れて弱火で湯煎しながら混ぜ合わせます
この時、水がボールに入らないように注意してください
Step 2.

 溶けて綺麗に混ぜあがったら、すべての材料をボールに入れ、混ぜ合わせます

Step 3.
 Step 2のミクスチャーを型に入れ、180℃に予熱しておいたオーブンで30分焼きます
竹串刺してみてミクスチャーが付いてこなければOKです。
Step 4.
 次にToppingを作ります
ソースパンにグラニュー糖とエバミルクを入れ、グラニュー糖を溶かしながら混ぜます
絶えずかき混ぜてください
Step 5.
 綺麗な液体になったら火から下ろし、ボールに入れ替えます
そしてボールは弱火で湯煎にかけ、約6分間、かき混ぜずに置きます
Step 6.
 ボールを湯煎から下ろし、チョコレートを加えます。
絶えずかき混ぜてください
 なかなかチョコレートが溶けないようでしたら、火をかけずに湯煎しながら溶かしてください
Step 7.
 溶けて混ぜあがったら、バターとバニラエッセンスを加えて混ぜ合わせます
Step 8.
 Step 7.のミクスチャーは2時間くらい冷蔵庫に入れて冷やし、バターのようなスプレッドにして塗りやすくしておきましょう
Step 9.
 焼きあがったブラウニーはクールダウンさせておきます。
Step 10.
 ブラウニーが冷えて、toppingのミクスチャーもスプレッド状になったら、表面に塗ります。
Step 11.
 15等分に切り分けてできあがり

 今日は、Jくんのためのお菓子作りをしました。
明日のSunday Dinnerに義父母のところへも持って行きます。
甘いものを一切食べない義父が唯一食べるチョコレート系のケーキです(笑)

このブラウニーですが、さすが英国!
ブラウニーの上にFudgeを乗せちゃってます^^;
なおのこと食べられません、私・・・。

 まず、分量見ただけでお分かりでしょう。
すっごい糖分・・・
私は量っているときに恐れ戦いて、170gまで減らしました。
本当は150gまでいけるかなと思ったのですが、初めて作るしこれで様子を見ようと^^

 エバミルク、こちらではevapolated milkなワケですが、これってたいがいの家にはないですよね(笑)
 私も買いに出たのですが、エバミルクとはこちらの ミルクの種類表 も参照して欲しいのですが、日本語で言えば"無糖練乳"のことです。
 コンデンスミルクが加糖練乳ですので、それの無糖バージョン。
このエバミルク、そんなに利用頻度は無いと思うので、ここはコンデンスミルクで代用できないものだろうか。
 おそらく、できるでしょう。
なんせ、無糖のエバミルクに砂糖を加えてコンデンスミルクを自分で作る工程になってますので^^;

 ナッツはうちはクルミを使いました。
Jくんがナッツ類嫌いなもので、なるべくアリモノで済ませたかったからです。
 クルミのほか、アーモンドやブラジルナッツを砕いたものなんかももちろんOK。

 そしてケーキ型は、この15個を作るには四角い型が推奨なのですが、私は持ってません・・・
 なのでまたもやパウンドケーキ型で焼きました。
なので、深さはあれど表面積が少ないので15個分にはなりませんでしたが、写真の通り四角く切り分けて、それなりにできました^^

 でも、今後四角いtinも欲しいなぁと思いましたね・・・^^;

comment

Secret

PROFILE

maki

Author:maki
英国はウェールズに移住した主婦。地方都市(適度な都会/適度な田舎)なCardiffの生活が心地良い。


RECENT ENTRIES
CATEGORIES
COMMENTS
最新トラックバック
最近の記事+コメント
LINK
VISITOR
RSS FEED
現在のOnline Vistor:





Edit
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。