スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本フィーバー!

ここ数日、日本が熱いね! in UK!

もちろん World Cup じゃない。
捕鯨問題。

連日ニュースはこれなわけ。
英国の立場はもちろん日本とは違うわけで。
私の意見は別にどっちとも言えない感じで。

 ここで family debate ですよ(笑)
でもなんちゃって debate です^^;
debate なので私が日本の立場にたって議論します。
あくまでもdebateなので。

 まず J くん、英国の立場な主張。

「捕鯨は反対。鯨は家畜の牛や豚とは違う。
飼われて、食用に育てられているものとは違う。」

 あ、この debate の前にじょん・どーさんの blog を読んで2人で納得。
何をかいうと、
"鯨の数"について。
保護しすぎて今では多少の捕獲をしても大丈夫だという日本。
それに対して、そこまでは増えていないという諸外国。
この数の算出が ぁ ゃ ι  くね?という話。
両サイド、良いように操ってる気がして、もちろん私たちは正式な鯨の数なんていうのは知る由も無いので、この点に関しては論点から外そうということに。

 そして back the debate! my turn でございます。

 J の
「この問題についてあなたはどう思う?」
で回ってきましたので、私は衝撃の一言を・・・
あのね、鯨ね、けっこう美味しいよ?




J くん撃沈・・・。
はい、だから、なんちゃて debate (笑)

最初の 30 分くらいは真剣に議論してたんだけどね、イングランド戦も始まることだし、私がボケないと!と思ってね。


 動物愛護の方々ごめんなさい。

あ、そういえば、私は動物愛護団体が嫌いです。
精神はぜんぜん興味もなく、否定ももちろんしないのですが、

私が学生の頃、US、L.A. でロス市警に拘束されたのは、紛れも無い動物愛護団体さんのせいなんです。それから恨んでます(笑)
私の貴重なロス観光の時間を聴取に裂かれ。
返せ、時間!
ま、そんな程度の嫌いさ加減です。
なので、関係ない人に迷惑をかけない活動ならいくらでもしてください。

ロデオドライブでデモに巻き込まれたの!!!
フェラガモを物色してただけなのに!フェラガモの前で「毛皮製品やめろ~」とか始まってたし( ̄▽ ̄;)!!
メルロースでめっちゃ買い物していい気分だったのにさ~
4時間の拘束・・・幸い友達は市内観光ツアーに行ってて、私1人買い物してたんだ。
何が幸いって、唯一(つたない)英語できるの私だけだったから、他の友達も一緒だったらもっとめんどいことになってたんだろうな。と。


 そして、捕鯨に続き、日本日本日本!
そう、テボドン2号。
これは終始ギャグ話をしてたんですが、私の知識よりもJの知識の方がすごくてびっくりした。
 ブッシュとショウグン様が打ち合えば相殺できるのにねって・・・
おう、こわっ。

comment

Secret

衝撃の一言

まきぴーの一言・・・最高v-64
(読んだとき、笑いすぎて咳き込んだ)
そして同感!おいしいよ!栄養満点よv-271

私が最近思う事、イギリスの方はいろんなことよく勉強してると思うんだけど。
うちのTちゃんも19○○年にあった○○戦争が・・・とか
この事件の裏にはアメリカが絡んでて・・・とか具体的に真剣に説明してくれる。
私というと、良い国作ろう鎌倉幕府v-218とかしか覚えてないんだけど。。。
(詳しく説明出来るのは、ゴシップ系の情報だけねッ!)

しかし、テポドンが日本に飛んできたらどーしよう。コワいなショウグン様v-19

>ひ○みちゃん

ね~!そうよね~!
鯨肉のお味噌汁、めっちゃウマイで!(笑)

そうそう、そうなのよ!
学歴とか関係なく、みんなが世界に目がいってるんだよね、きっと。
そういう国民性を見聞きすると、やっぱり日本(日本人)って思うわ。
もちろん、自分があんまり知らないでいることもそうだし、知らなくても回りの日本人だって知らない人も多いから「あれ?知らないって恥ずかしい?」とも思わなかった(笑)

 そういうところは英国人を見習いたい。
アゲアゲ英国しときましょう(笑)<たまには
PROFILE

maki

Author:maki
英国はウェールズに移住した主婦。地方都市(適度な都会/適度な田舎)なCardiffの生活が心地良い。


RECENT ENTRIES
CATEGORIES
COMMENTS
最新トラックバック
最近の記事+コメント
LINK
VISITOR
RSS FEED
現在のOnline Vistor:





Edit
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。