スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆ 6日目 ◆ / Helicopter Tour

起こさないで! 今朝は初めて寝坊した。ハワイに来てからというもの、 6 am 前には起きていたのに。今朝は 8:30 くらい。シャワーを浴びて、荷物の packing を始めました。そしてしばらくしてチェックアウトしました。 えっと、あとで気づいたのですが・・・
←これ、持ってかえってきちゃってました・・・。ゴメンナサイm(_ _)m 盗むつもりは毛頭ございませんでした^^;


 タクシーで Sheraton Waikiki へ return です^^; 大きなバゲッジはクラークに預け、今日はヘリコプターツアーの日^^

 Sheraton の横の Don Ho Lane にピックアップシャトルが来てくれるらいしい。Makani kai Helicopters っ てとこのツアーで島内一周、60 分のフライトだそうで。シャトルに乗り込むとメインからバケーションで来ているとう白人男性 2 人が先に乗っていました。挨 拶を交わし、J と「 plane pain が心配だよ」なんて話してました。私たちの後には誰も乗ってこなくて、そのまま飛行場へ。オフィスへ入るとビデオを見せられました。セーフティな んちゃらってやつで、ヘリへの乗り方やシートベルトや緊急避難の仕方のビデオです。そして搭乗までの時間はツアーで回る場所のプロモーションビデオ。これ を最後まで見る間もなくヘリへと案内されました。乗客には番号がつけられて、なんと私が No. 1 でした。こわいよぉ~^^;乗客は全部で 3 組 6 人。うち女性は私を含め 2 名です。 No. 1 の私が呼ばれ、一番先に乗り込みました。パイロットの隣の席だよ・・・Wow!なんでも体重が一番軽いからって。生まれて 初めて " 体重が軽い " ということで恩恵を受けた(爆)さすがアメリカ(笑)

パイロットさん パイロットは Mr. Eiki Miyasato。2 世みたい。日本語はできません。
 私たちの参加するコースは『 THE ALI'I SACRED FALLS TOUR 』 といってこの会社の催行するヘリツアーの中では一番フライト時間が長いコース。ワイキキから始まって、ダイヤモンドヘッド、ココヘッド、ハワイカイ、サン ディービーチなどを見たあとカイルアとラニカイビーチを眺めてパリ上空を通り山を越え谷を越え、ノースショア方面へ。バンザイビーチ(パイプラインビー チ)やサンセットビーチを見て、南下。ハレイワ、ドールプランテーションやパールハーバーのミズーリなどの説明を受けて、ヒッカム飛行場を抜けて帰着しま した。
 すんごい楽しかった!60 分は見ごたえあります!オフィスに戻って、今のフライトのビデオを販売しているというので、J が買ってくれました。J のビデオカメラでも撮っていたのですが、飛行機搭載のカメラで撮ったものだと聞いたら欲しくなっちゃいました^^;でもお安いです、 $ 20 。
 その後ピックアップされた場所と同じ Don Ho Lane まで送ってもらいホテルに帰ってきました。もうチェックインできる時間だったので、手続きをして、荷物をピックアップして、お部屋へ。
 マジデ?なんと私たちのお部屋は 14 F 。文句言ってやる!と思って意気込んでたら、Jに止められました。「いいじゃないか」って。よくなーい!だって 3 日前までは 26 F だよ?なんだこの急降下は。プンプンッ。でもなだめられてそのまま部屋に入ることにしました。
Cちゃんの置き土産

部屋に入ると封筒が 1 つ、テレビの横に置かれていました。見てみるとそれは今朝日本へ帰国した C ちゃんからのものでした。中にはハワイ滞在中に私たちと撮っ た写真を早くも現像してくれていてその数 25 枚。そしてアロハシャツのカードにメッセージをくれました。C ちゃんの心遣いに胸が熱くなりました。こんな友達を ずっと大切にしていきたいと切に思いました。

詫び状1 ラナイでくつろいでいると、上から水の雫が雨漏りのように落ちてきます。私たちがラナイからカラダを乗り出して外を見られないようにカーテンでもしているような感じで。
 15 分以上続き、まだおさまる気配がありません。これにキレた私が Bell に電話しようと部屋の中に入ると、J が、「ちょっと待て!俺が電話する。」と、クレームをあげてくれました。
 しばらくすると係の人が来て

「おそらく上の階のゲストがラナイに濡れたもの、それも脱水をまったくしていないような、もしくはダイビングの機材のようなものかもしれないが、それを干しているのだろう」

と。それから 30 分くらいでその"雨漏り"はおさまりました。でもこれって、もう水気が落ちてくるほどなくなったからってことだよね。でもまぁ、こちらに実害がなくなればそれでいいので、解決しました。

そしたら今度はお客様サービス係と名乗る日本人女性スタッフから部屋に電話があり、
「先ほどは真に申し訳ございませんでした。その後状態はいかがでしょうか?」
「ノープロブレムです。」

詫び状2 「それで、ホテルよりご迷惑をおかけしたお詫びとしてドリンク券をご用意しておりますので、後ほどドアの下よりお部屋の中に差し込ませていただきます。」
やった!やった!(笑)
 J に得意げに貰ったことを自慢したら苦笑してました(笑)  結局この券は使うことはなかったのですが・・・^^;

theme : ハワイウエディング
genre : 結婚・家庭生活

comment

Secret

PROFILE

maki

Author:maki
英国はウェールズに移住した主婦。地方都市(適度な都会/適度な田舎)なCardiffの生活が心地良い。


RECENT ENTRIES
CATEGORIES
COMMENTS
最新トラックバック
最近の記事+コメント
LINK
VISITOR
RSS FEED
現在のOnline Vistor:





Edit
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。