スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5 th Anniversary 9.11

Ground Zero 、そしてペンシルバニアにて行われた式典、米国同時多発テロ 5 周年。
もう 5 年も経つのか、いやまだ 5 年?正直両方とも感じます。

 私はdaytime、1人で家にいるときはPCに向かいつつ、背中でTVをつけっぱなしにしてるんです。チャンネルは決まって BBC News 24。

 このチャンネルでは Ground Zero での式典の模様を live 中継していたので、普段はTV を背中で見てる(聞いてるだけ)んですがちょっとだけ振り返ってみていました。
 遺族の代表が A - Z 順に被害者の名前を読み上げる・・・ちょっとしたエピソードを加える遺族もいる。気丈にしていてもその心の弱さが声となり伝わってきたり、逆に強さもうかがえたり。

 単純に、ワートレで働いてただけ、もしかしたらオフィスはワートレではなくほかにあって、たまたまワートレで商談があったのかもしれない。取引先がワートレ内オフィスだったのかもしれない・・・
殺される所以など何も無い人たちが、あんなド派手なパフォーマンスとともにこの世を去ることに、抹殺されることになるなんてやはりどの視点から考えてみても理不尽。

事故というものはいつもそう。悪いことを無くても怒ってしまったり、巻き込まれてしまう。
でもテロリストは人を殺そうとしてやってる(←これは紛れも無い事実)んだから、これは事故ではないよね、殺人だよね。

 この日に先立って2本の映画を観た。
事故報告書に忠実に再現し、当事者も自らの役として出演して話題を呼んだ映画『United 93』。これは唯一ターゲットにたどり着かぬまま、ペンシルバニアに墜落した旅客機のお話。
もう 1 つは Google Video で話題の『Loose Change 2nd Edition』。コチラの内容はうってかわって政府・メディアの報告・報道は捏造されたものであるという主張の映画です。理論の証拠となり得る映像を出し、それを検証しながら、報道は間違っていると指摘しています。

 テロにばかりとらわれているのもどうかなと思うのですが、9.11 の近くではちょっと思い出して考えてみるものいいかなと思ってます。

theme : イギリス生活
genre : 海外情報

comment

Secret

5年・・・

私も正直、もう 5 年も経つのか、いやまだ 5 年?両方の気持ちを感じたよ。

どんな正義を信じていようと、多くの何の罪もない一般市民の命を犠牲にするなんて許せない。
救助活動にあたった人達も、今なお、後遺症に苦しめられているみたいだし。本当にやるせないわ・・。

『United 93』は予告編だけ観たけど、泣きそうになっている自分がいたわ。まきぴーちゃん、観たんだねぇ。
PROFILE

maki

Author:maki
英国はウェールズに移住した主婦。地方都市(適度な都会/適度な田舎)なCardiffの生活が心地良い。


RECENT ENTRIES
CATEGORIES
COMMENTS
最新トラックバック
最近の記事+コメント
LINK
VISITOR
RSS FEED
現在のOnline Vistor:





Edit
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。