スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

City Link 誤配 ~その後~

誤配て手元に届かなかった…例の件(参照【英国物流事情】)ですが。

1. まずは City Link にクレームの電話をする
City Link 側は
「品物は届けてある状態が確認できる。トラブルについては送り主と話してくれ。」
の一点張り。
そこで送り主の電話番号を教えられる。

2. 購入した店にクレームの電話をする
客を客とも思わない態度(英国では当たり前)で、受け答えをする。
それでもこちらは丁寧にお願いをする。全額返金か、同じものを送って欲しいと。
調子に乗ったか、店側、めんどくさそうにそして事故でしたで終わらせたい模様。
こちらが
「City Link とお宅の問題なんだからそっちで解決してください。これだけは忘れずに。'こちらは商品もなければ、お金は払ったままで、お宅にはきちんとお金が入っているということ。' チャオッ!」
すると店側は
「City Link と話してみますが、バンクホリデーもあるので連絡は水曜日になります。」
いちをこれで連絡を待つことに…

3. 店にクレームのemailを送る
電話を置いた後もちょっと怒りが収まらず、emailでクレームを。

4. 店から連絡があり措置を聞かされる
「今まだ City Link と調査中ですが、もし誤配であれば返金、もしくは木曜日の時点で商品があれば現品を再度送ります」
と、店側から email が。
「現品があればってなんじゃー!」と怒った J はまたまたクレームの email を入れる。


5. そして本日、注文したものと同じものが届きました。

教訓、黙ってたら負け。
つか、この国、クレームをどんだけ言わなきゃいけないんだろう、死ぬまでに(笑)

theme : ウェールズ
genre : 海外情報

comment

Secret

PROFILE

maki

Author:maki
英国はウェールズに移住した主婦。地方都市(適度な都会/適度な田舎)なCardiffの生活が心地良い。


RECENT ENTRIES
CATEGORIES
COMMENTS
最新トラックバック
最近の記事+コメント
LINK
VISITOR
RSS FEED
現在のOnline Vistor:





Edit
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。