スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Cardiff Castle Welsh Banquets

Cardiff Castle Traditional Welsh Banquets 今年の誕生日の Dinner はCardiff Castle Traditional Welsh Banquets 。
お城の中でお食事とエンターテイメントが楽しめるものです。
大変人気なので昨日の私の誕生日の予約が取れなくて今日になりました。

 私たちがお城へ行くとちょうどツアーのお客さんたちがバス 2 台で到着したところでした。この Banquets はBusiness Party に大人気だそうです。彼らも Cardiff に仕事で来ている人たちでした。
From AUS, NZ, USA からの人が 98%。その数 92 名。私と J と、もう 1 組のウェルシュカップルだけがプライベートでした。そのウェルシュカップルは結婚記念日。私たちはお誕生日。

まずは入り口を入ると Bar があり Welcome Drink として Mead が。
みなさん、ご存知ですか?Mead(ミード)。実は私は知らなかったのですが、蜂蜜酒のことです。ここで出された mead はワインと蜂蜜で作られたものだそうですが、基本は蜂蜜だけで作るらしいです。(新婚旅行のハネムーンの語源だそうです 8詳しくは【wiki】でどうぞ!興味深いですね^^)
蜂蜜からできているので、当然甘い。そしてけっこう強いお酒。ちょっと苦手~ってことで、半分は残しちゃいました^^;
この Welcome Drink をいただきながら、この Banquets の説明やら、ウェールズ語での会話を教えてもらったり、そしてこれだけラグビーの強い国々からの来客、そして現在ここCardiff でもワールドカップが行われているということで、なんでもかんでもラグビーの話に置き換えて(笑)
 前夜ウェールズに負けた日本は嘲笑の的に。オーストラリア、ニュージーランドはもちろんアメリカ人にまで「敵じゃねー」と言われてましたよ、日本チーム(-_-) おおよそ100分の1ではありますが、ここに日本人がいるんですけど^^;

 私& J 、そしてウェルシュカップルの 4 人は団体客よりも先に案内され、しかも私たちは Guest 扱いだったのでステージの真正面の一番前の席を用意されていました。
お食事はウェールズの伝統的な料理 4 コースミール。

食事を始める前にエンターテイメントをば。
8こちら】の動画をご覧ください (そのときの歌を録画してみました^^)
歌っている人たちが着ているのがウェールズの民族衣装です。
見難いですが男性はウェルシュタータンを身にまとってます。

■□■ スターター ■□■
 ウェールズ特産の海草ラバブレッドをスモークバックベーコンで巻き上げたもの。「これは寿司みたいなものです。例えればカルフォルニアロールのような。中に海苔がある状態ですね。」と説明されました。
Cardiff Castle Traditional Welsh Banquets  Oak-smoked Llyn back bacon filled with Penclawdd laverbread and oats, with balsamic & apple chutney;
オークでスモークしたLlyn(北ウェールズ・スノードニアの村)のバックベーコンでPenclawdd (南ウェールズ・スウォンジー近くの村)産のラバブレッド(海苔)とオーツ麦を詰め、バルサミコとりんごのチャットニードレッシングを添えたもの



8こちら】の動画をご覧ください (そのときの歌を録画してみました^^)
赤いおばちゃんMs.マリー from AUS, 彼女酔っ払ってるかのごとくにハイテンション(笑)


■□■ スープ ■□■
 伝統的な( Welsh Cawl )ウェルシュカウル。ウェールズの代表的なスープです。
様々な野菜をチョップし、もちろんウェールズのシンボルでもあるリーク(ポロねぎ)もたっぷり入れて、そしてこれまたウェールズと言ったら羊、ラム肉も加えて煮たお料理です。
アメリカ人がスープスープと連呼してたら怒られました(笑)これは Cawl (カウル)ですと。
このカウルに焼きたてのロール(パン)が一緒にサーブされました。
Welsh CawlWelsh Cawl


8こちら】の動画をご覧ください (そのときの歌を録画してみました^^)


■□■ メイン ■□■
 スタッフドチキン。中の詰め物などもウェールズの食材を使った料理です。付け合せはジャガイモと季節のお野菜、今日はニンジンでした。
 上記のように、食事の合間にステキな歌を聞かせてくれたり、これまた有名なウェルシュハーブの演奏ありと楽しませてくれるので、そんなに量を食べていないくせにおなかいっぱいに^^
ちなみに、ワイン(白・赤)・ミネラルウォーター・オレンジジュースはフリーなのでいくらでも飲めます。ってことで、音楽を楽しみながらワインがススムススム!^^
 メインを半分くらい残してしまいました。残念(笑)
Cardiff Castle Traditional Welsh Banquets
Cardiff Castle Traditional Welsh Banquets
Pembroke chicken filled with Caerphilly cheese and topped with Carmarthen ham. Served with a Cariad Wine cream sauce, minted new potatoes and seasonal vegetables;
Pembroke(ウェールズ南西部の町)の鶏肉にCaerphilly (ウェールズ南東部カーディフより少し北部)のチーズとCarmarthen(ウェールズ南西部内陸)のハムを詰めたもの。Cariad(ウェールズ南西 部ニューポートより少し北部)のワインを使ったクリームソースと、新じゃがと季節の野菜を添えて。



8こちら】の動画をご覧ください (そのときの歌を録画してみました^^)

■□■ デザート ■□■
レモンチーズケーキムース。
とっても美味しすぎ、そして見た目も綺麗過ぎて見とれて写真を撮るのを忘れました。
普段、食後のデザートを一切口にしない(hate it) J でさえペロリと食べてました。
ほのかに甘く、レモンの香りいっぱい、そしてチーズを堪能できるデザートでした。

ステキな Birthday Dinner でした。
そうそう体験できるものでもないお城での Banquets 。
ウェールズを知るには味覚とそして視覚・聴覚で。
ウェイター・ウェイトレスはみなウェールズの民族衣装を着てサーブしてくれます。
カーディフに遊びに来た際にはぜひに!オススメします^^

theme : ウェールズ
genre : 海外情報

comment

Secret

PROFILE

maki

Author:maki
英国はウェールズに移住した主婦。地方都市(適度な都会/適度な田舎)なCardiffの生活が心地良い。


RECENT ENTRIES
CATEGORIES
COMMENTS
最新トラックバック
最近の記事+コメント
LINK
VISITOR
RSS FEED
現在のOnline Vistor:





Edit
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。