スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

噴飯もの

十人十色とは良く言ったもので、世の中にはいろんな人がいる。
格差社会がどーのこーのと言われてきた日本。
中から見ればそうかもしれないけど、外から見ればまだまだイコライズしてるなと思う。
アメリカもそうだけどイギリスも、いや数多くの国が他民族共存をしている訳で、いろいろあるんだわな。
民族的な問題、宗教的な問題、そしてもちろんこれが最大の要素であると思われる個人的な問題。
最大と書くのは実際は間違ってるでしょう。例えばイスラム教徒の人たちはもちろん人生がコーランによって定められている故、パーソナリティよりも宗教が先に出てしまうという事実もあります。その中でもちろん個人も垣間見ることができるわけです。

 日本人が全世界上において、どんなに porite か。思い知らされました。
今までだって「日本人ってポライトだよね」とよく言われてたんですが、
「ん~、そうだね~、そうとも言い切れないところもあるけどね~」
てな感覚でした。

今日ちょっとムカッときたことがあったんです。
いわゆる"空気が読めない"なんてかわいいもんじゃない。
それってただの自己中だろっちゅー。なんだろ、セルフィッシュというよりもなんか頭悪いんでないの?に近い。だから怒りよりも諦めのほうが強かった。
簡単に言っちゃえば rude なんだけど、やっぱり感覚の違いだと思われます。

私が日本人だから、そう思っちゃうのかな。
なんかそういう私って嫌いだなと思ってました。
日本人気質からいって、日本人と比べてしまうと誰にでも眉をひそめることになっちゃうんだけどw
そんな彼らを理解してあげられないほど自分のキャパは小さいのか?と考えることが嫌悪なのです。
そういう点では私にだって欠乏しているものがある。

しかしだ。
同じ感覚に陥ってる人を発見した。もともとはポーランド出身の方なんだけど、彼女にしてみてもそれはカルチャーショックのようだったw
誰かから聞いたことがあったっけ。ポーランド人は良く働く、しかも安い賃金で。みたいな話。

 こんな感じで、ここに 2 年住んでも未だにこの悩みは尽きないんす。
特に最近はブリティッシュな人たちとずっとツルんでいるから、余計新鮮に飛び込んできてしまった事象でした(笑)
ところで、知人から仕事を紹介されました!

どんな種類の仕事?!
っと聞いてみたら

キャッシャー (レジ)
イン
スパー (コンビニ)

って、その場で大爆笑。
周りにいた友達たち 6 人で大爆笑。

友達は私のスキルを知っているからその反応(その場にいた友達はみんな同業者のようなものだったので^^;)だったかと思いますが、その仕事を紹介してきた知人は私がどんなに得体の知れない人間か知らなかったんですね~(笑)

せっかく(笑)紹介してくれたので
「ありがとう、でも私、キャッシャーしなきゃいけないほどお金に困ってはいないの…(爆)」
と言っておきました。
ちなみに私、既に有職者です^^;

それでも貰ったメモを家に帰ってきてから見てみたら
場所がすんごい離れていて、しかも住環境が悪いエリア。

J に
「どんなにひもじくなっても、そこで働くのはやめてね」
っと笑いながら言われました(笑)

ロコじゃないとそのエリアが良いエリアなのか悪いエリアなのかわからないものですね。
知り合いが引っ越し先を探していて、値段と家の大きさとで、かなり希望の家が見つかったそうなんですが、そこまではかなり聞こえがいいけど、実はロコにとってはそのエリアの名前を聞いたら
「え?………」
ってな所なんです。
彼らにとっては自慢の物件なんでしょうけど、そのはしゃぎっぷりは他人は解ってあげられません。
親しい友人なら、何か申し上げることもあろうかと思いますが、
別に…と思うような間柄で、しかもエッヘン系なパーソナリティーをお持ちの方なので
「ま、彼らのマターだよね(爆)」
と放置しました。


そもそも良いエリアだとか、悪いエリアだとかってそれこそ価値観の問題よね~
だから他人がどーのこーの言えるものではないと思うけど。
もちろん一般論であるのです^^;

theme : ウェールズ
genre : 海外情報

comment

Secret

PROFILE

maki

Author:maki
英国はウェールズに移住した主婦。地方都市(適度な都会/適度な田舎)なCardiffの生活が心地良い。


RECENT ENTRIES
CATEGORIES
COMMENTS
最新トラックバック
最近の記事+コメント
LINK
VISITOR
RSS FEED
現在のOnline Vistor:





Edit
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。